歴史 製造工程 作品紹介 新着情報 取扱店一覧 マイセン倶楽部 オンラインショップ

マイセン 日本語公式サイトトップ » 新着情報 » アーカイブス » 2011年のお知らせ » マイセン 絵付師紹介と実演スケジュール
新着情報 トップ新着情報 アーカイブ新着情報 ご案内

マイセン 絵付師紹介と実演スケジュール


今回は花絵付を得意とするシュヴァルツシュレンククルークの3名が髙島屋各店で実演を行ないます。
また、同時に開催されますパネル展示では、国立マイセン磁器製作所附属養成学校についてご紹介しております。
マイセンの絵付師となるために学ぶ場である、国立マイセン磁器製作所附属養成学校にスポットを当て、
日本で初めて詳細にご紹介する展示物となっておます。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

絵付師 プロフィール

Martina Schwarz(マルティーナ・シュヴァルツ)

1986年11月5日、チューリンゲン州シュライツ生まれ。
義務教育終了後、17歳で国立マイセン磁器製作所附属養成学校に
入学(2003年)、2007年まで教育を受けました。
卒業後、伝統的な花柄の絵付師としてスタートしましたが、半年後には「ポピー」や「矢車菊」など、モダンな花柄も習得し、現在では人物画も
手がける逸材です。


Lidija Schrenk (リディヤ・シュレンク)

1967年2月、旧ソ連スミルノフ生まれ。1977年4月、両親と4人の兄弟たちと共に当時の東ドイツに移住。同年から1984年までベルツッヒで中・高等教育を受けました。
1984年から1988年までマイセンの養成学校で学び、花絵付師となりました。結婚、出産、育児などによって休むことがありましたが、1998年、
現代的な花絵付を習得し、2009年には人物と風景画という新しい分野に挑戦。プラークなど、大きな作品にも取り組んでいます。


Silvia Krug (ジルヴィア・クルーク)

1973年4月マイセン生まれ。1989年に実業学校を卒業し、同年9月から
マイセン磁器製作所養成学校で学びました。卒業後、花絵付師として
マイセンに採用されましたが、さらに1年修業を重ね、金彩も半年習いました。
1999年、アルプスでの研究旅行に参加。「アルペンフローラ」シリーズのデザイン開発に成功しました。磁器への関心が高く、2000年から磁器・ガラス絵付のマイスター教育を受け、2003年マイスターとなりました。ずっと花を描いていますが、伝統的なものから自然主義的、現代的なものまで手がけるアーティストです。

実演スケジュール
8月
開催地住所スケジュール絵付師
髙島屋大阪店 大阪府大阪市中央区難波5-1-5 8月31日(水)~9月4日(日) シュヴァルツ

9月
開催地住所スケジュール絵付師
高島屋京都店 京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52 9月7日(水)~11日(月) シュヴァルツ
髙島屋新宿店 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 9月15日(木)・16日(金) シュレンク
ジェイアール名古屋
タカシマヤ
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 9月17日(土)~19日(月・祝) シュレンク
髙島屋東京店 東京都中央区日本橋2-4-1 9月22日(木)~25日(日) シュレンク
髙島屋高崎店 群馬県高崎市旭町45 9月28日(水)~29日(木) シュレンク

10月
開催地住所会期絵付師
髙島屋横浜店 神奈川県横浜市西区南幸1-6-31 10月13日(木)~16日(日) クルーク
いよてつ髙島屋 愛媛県松山市湊町5-1-1 10月19日(水)・20日(木) クルーク

※ 製作実演は、各日午前11時、午後2時・4時より開催。ただし、実演最終日は午前11時、午後2時の2回とさせて
  いただきます。(各回約1時間)
※ 都合により催し内容等を変更または中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 詳しくは開催各店にお問い合わせください。
※ 各会場・スケジュールは変更になる場合がありますことを予めご了解ください。